December 3, 2018 / 10:22 AM / 13 days ago

UPDATE 1-独製造業PMI改定値、11月は51.8に低下 新規受注が鈍化

* 11月のドイツ製造業PMI改定値は51.8(速報値:51.6) (内容を追加しました)

[ベルリン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した11月のドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.8で、10月の52.2から低下し、2年半以上ぶりの低水準となった。速報値(51.6)からは小幅に上方修正された。

新規受注が4年ぶりのペースで鈍化した。

製造業PMIが低下するのは今年に入り10度目となる。

第3・四半期のドイツ経済はマイナス成長となった。自動車メーカーが新たな排ガス基準に対応する中、新車登録が減少したことなどが背景。

IHSの首席エコノミスト、フィル・スミス氏は「自動車業界は依然苦戦しており、地政学的な先行き不透明感は顧客需要に影響を及ぼしている。製造業者によると、新規受注が一段と減少し、特に輸出販売が落ち込んでいる」と述べた。

「生産レベルは縮小の水準に非常に近づいている」とし、製造業者が成長を維持するために新規事業が必要だとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below