May 23, 2019 / 9:20 AM / 4 months ago

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国3カ月ぶり・香港4カ月ぶり安値、ハイテク株が安い

 (香港市場を追加しました)
    [上海 23日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %        始値         高値         安値
 上海総合指数         2,852.5153  - 39.1893     - 1.36  2,880.8426  2,885.1389   2,846.9560 
                                                                                 
 前営業日終値         2,891.7046                                                            
 CSI300指数<.C   3,583.965   - 65.415     - 1.79  3,629.528    3,631.474    3,578.113 
 SI300>                                                                          
 前営業日終値          3,649.380                                                            
 香港                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 ハンセン指数          27,267.13   - 438.81     - 1.58  27,505.53   27,523.86    27,169.67 
                                                                                
 前営業日終値          27,705.94                                                           
 ハンセン中国株指数<   10,401.11   - 203.44     - 1.92  10,501.55   10,504.03    10,363.01 
 .HSCE>                                                                         
 前営業日終値          10,604.55                                                           
     
    中国株式市場は下落。終値ベースで3カ月ぶりの安値を付けた。米中貿易戦争の激化
で中国のハイテク企業が標的にされるケースが増えるのではないかとの懸念で、テクノロ
ジー株が売られた。
    上海総合指数終値は39.1893ポイント(1.36%)安の2852.
5153。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は65.415ポイント(1.79%)安の3583.965。終値ベー
スで2月22日以来の安値となった。
    テクノロジー株は3.5%安。
    ロイターは22日夜、関係筋の話として、米政権が中国の通信機器大手、華為技術(
ファーウェイ)        に科した制裁のような措置を、人道的な理由から、中国監視カメ
ラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)に適用することを検討し
ていると報じた。
    米与野党議員40人超が先月、政府宛ての書簡で、新疆ウイグル自治区における中国
政府の統治が「人道に対する罪に相当する恐れがある」と指摘。政府の監視にハイクビジ
ョンや浙江大華技術(ダーファ・テクノロジー)の技術が利用されている可
能性があると名指しした上で、中国の違法行為に加担しないよう輸出規制を求めていた。
    
    ハイクビジョンは5.8%下落した。ダーファは4.6%安。
    ファーウェイのサプライヤーも下落。英半導体設計会社アームは、米国の規制に従い
ファーウェイとの取引停止を社員に通知した。BBCが22日、内部文書を引用して伝え
た。
    ファーウェイのサプライヤーである立訊精密工業、深セン市信維通信<30
0136.SZ>、深南電路、深セン市匯頂科技が軒並み急落。    
    半導体株は逆行高。中国財政省は22日、集積回路(IC)設計とソフトウエア分野
の企業に対する優遇税制の対象を拡大すると発表した。米国との摩擦が激化する中、国内
産業の発展を後押しする。
    湖南国科微電子、寧波康強電子などが上昇した。
    英洛華科技、江西金力永磁科技など中国のレアアース(希土
類)関連株も上昇。習近平国家主席が南部のレアアース企業を視察したことを受け、レア
アースが米中貿易摩擦で対抗手段として用いられるとの観測に引き続き支援されている。

    
    香港株式市場も下落。4カ月ぶり安値を付けた。米中貿易戦争を背景にテクノロジー
株が売られた。
    ハンセン指数終値は438.81ポイント(1.58%)安の2万7267.
13。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は203.44ポイント(1.9
2%)安の1万0401.11。
    サクソバンクの株式戦略責任者Peter Garnry氏は「ハイテク冷戦への備えはできてい
るか」と題したリポートで、「今我々が目撃しているのは、第2次世界大戦以降続いてき
た世界貿易体制の再編成かもしれない。投資家は、自分のポートフォリオがグローバル・
サプライチェーン上のショックにどれほど敏感に反応するかを考え始めるべきだ」と指摘
した。
    ハンセン中国企業情報技術(IT)指数は3.92%安。インターネット
大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)は3.8%下落し、4カ月
ぶり安値。6営業日続落となった。
    ファーウェイのサプライヤーである舜宇光学科技(集団)、AACテクノ
ロジーズ・ホールディングス(瑞声科技)、丘鈦科技(集団)も急落
した。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below