May 24, 2019 / 8:54 PM / a month ago

再送-UPDATE 1-米金融・債券市場=国債価格下落、3連休控え利益確定の売り

 (文言を一部修正しました)
    [ニューヨーク 24日 ロイター] -       
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     14時05分   102*16.00   2.7519%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   102*29.50   2.7320%             
                            値                        
 10年債(指標銘      14時05分   100*14.50   2.3237%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   100*22.50   2.2960%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     14時05分   100*19.00   2.1222%            
 )                                                   
                    前営業日終   100*24.25   2.0870%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     14時05分   100*04.88   2.1683%            
 )                                                   
                    前営業日終   100*07.25   2.1290%             
                            値                        
    
                        清算値    前日終値  コード
 Tボンド先物6月     150*31.00   151*14.00        
 限                                         
 Tノート先物6月     124*28.50   125*06.50        
 限                                         
        
    米金融・債券市場では薄商いの中、国債価格が下落(利回りは上昇)した。3連休を
控え、価格が上昇していた国債に利益確定の売りが出たことなどが背景。ただ米中貿易戦
争を背景に安全資産としての米国債に対する需要は一段と高まるとみられ、この日の動き
は一時的との見方も出ている。
    ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の米金利戦略部門責任者、スバドラ・ラジャ
ッパ氏は「貿易戦争が長期化するとの観測から、利回りは低下に向かう公算が大きい」と
した。    
    一部アナリストは、トランプ大統領の前日の発言も国債価格下落の要因になったとの
見方を示している。トランプ米大統領は23日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウ
ェイ)        は非常に危険との認識を示しつつも、中国との通商合意の一環で問題が解
決される可能性があると述べた。    
    前日の取引では30年債利回りが1年5カ月ぶりの低水準を付けたほか、10年債利
回りが2017年10月以来、2年債利回りが18年2月以来の水準に低下した。ジェフ
リーズ(ニューヨーク)のエコノミスト、トム・シモンズ氏は「(前日の価格上昇を受け
)利益確定の売りが出た」と述べた。    
    市場関係者は、米国債を含む国債の動向は英国の欧州連合(EU)離脱を巡る状況に
左右される可能性があると指摘。
    英国のメイ首相は6月7日に保守党党首を辞任すると表明したが、これを受けメイ氏
の有力な後任候補と目されているボリス・ジョンソン前外相はいち早く、英国は条件など
で合意がないままEUから離脱する用意を整えておく必要があるとの考えを表明。[nL4N2
302F7]ジェフェリーズのシモンズ氏は、ジョンソン氏の台頭と、同氏が示している「合意
なき離脱」スタンスは全般的に米国債の支援要因になる可能性があるとしている。    
    米国債市場は来週27日はメモリアルデーの祝日のため休場となる。短縮取引となっ
たこの日は、終盤の取引で10年債利回りが2.323%と、前日終盤の2
.296%から上昇。30年債利回りは2.751%と、2.732%から
上昇した。2年債利回りは2.168%と、2.129%から上昇した。
    この日発表の米経済指標では、4月の耐久財受注統計で民間設備投資の先行指標とさ
れるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.9%減と、市場予
想の0.3%減よりも大幅な落ち込みとなった。
    キャピタル・エコノミクス(ロンドン)のシニア米国エコノミスト、アンドリュー・
ハンター氏は「貿易戦争がエスカレートする前から企業投資の伸びが軟調だったことが示
された」とし、「コアインフレ率が連邦準備理事会(FRB)の目標を大きく下回る状況
が続く中、FRBが利下げに踏み切る論拠は着実に拡大している」と述べた。
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>     
                                  Last (bps)   Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   3.00         -1.50
 U.S. 3-year dollar swap spread   1.25         -1.50
 U.S. 5-year dollar swap spread   -0.50        -0.50
 U.S. 10-year dollar swap spread  -5.50        0.25
 U.S. 30-year dollar swap spread  -28.75       0.50
 
    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below