May 28, 2019 / 2:07 AM / 3 months ago

再送-為替こうみる:合意なき英EU離脱の確率は非常に高い、ポンド売り続く=FXプライム 上田氏

(検索コードを修正しました)

[東京 28日 ロイター] -

<FXプライムbyGMO 常務取締役 上田眞理人氏>

英国の欧州議会選ではブレグジット党が勝利を収め、2016年の英国の欧州連合(EU)離脱キャンペーンを主導したマイケル・ゴーブ環境相はメイ首相の後任を決める与党保守党の党首選へ出馬を表明した。

これらによって「ノーディール・ブレグジット(合意なきEU離脱)」の可能性は大幅に高まったとみている。

金融市場参加者は、英国の合意なきEU離脱の確率を高くても30―40%と見積もっているようだが、個人的には60%程度に高まったと考えている。

合意なき離脱を今後本格的に織り込む過程においては、国際的な企業で英国に拠点を持つメーカーや金融機関による英国離れが一段と進むだろう。さらに、離脱後の英国では、EUとの貿易面・流通面での混乱が避けられないだろう。

こうした中で、中長期的に英ポンド売り/ドル買いが進むとみており、英ポンドは近い将来に1.25ドルを試す展開となるだろう。

欧州議会選の結果全般については、ギリシャで与党・急進左派連合が野党に敗北する  など脱EUの機運が収まりつつあるように見受けられる。(英国を除く)欧州で政治的な落ち着きが取り戻されれば、ユーロにとってはポジティブなニュースとなろう。

ただ、欧州経済の減速は続いており、経済面からはユーロが簡単に上昇できる地合いではない。

しばらくは、ドルについてもユーロについても、経済指標を一つ一つ吟味していく時間帯となりそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below