June 6, 2019 / 2:59 PM / in 3 months

UPDATE 1-米単位労働コスト、第1四半期1.6%低下 大幅下方修正

* 第1四半期の米単位労働コスト改定値は-1.6%=労働省(予想:-0.8%)

* 第1四半期の米非農業部門労働生産性改定値は+3.4%=労働省(予想:+3.5%) (詳しい内容を追加します。)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米労働省が公表した第1・四半期の非農業部門単位労働コスト改定値は1.6%低下し、速報値(0.9%低下)から大きく下方修正された。インフレが当面控えめな状態が続く可能性を示した。

昨年第4・四半期分も従来公表の2.5%上昇から0.4%低下に修正した。

第1・四半期単位労働コストの前年同期比は0.8%低下と、0.1%上昇から修正された。

労働生産性改定値が3.4%上昇、速報値は3.6%上昇だった。生産性の改善に伴い、労働市場が逼迫する中でも単位コスト抑制につながっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below