June 13, 2019 / 2:02 PM / 3 months ago

再送-UPDATE 1-米輸入物価、5月は0.3%下落、5カ月ぶり大幅マイナス

(文言を一部修正しました)

* 5月の米輸出物価は-0.2%(予想:-0.1%)=労働省

* 5月の米輸入物価は-0.3%(予想:-0.2%)=労働省

[ワシントン 13日 ロイター] - 米労働省が13日発表した5月の米輸入物価指数は前月比0.3%低下し、2018年12月以来の大幅な落ち込みになった。物価上昇圧力の弱さを示す新たな兆しで、米連邦準備理事会(FRB)が年内に利下げを行う論拠が強まった。市場予想は0.2%低下だった。

4月の輸入物価は当初発表の0.2%上昇から0.1%上昇へ下方改定された。

5月の前年同月比は1.5%低下だった。4月は0.3%低下していた。

前日に発表された5月の消費者物価指数(CPI)は引き続き抑制され、FRBが年内に利下げするとの見方を支えた。

米中貿易摩擦の高まりを背景に景気が鈍化する中、金融緩和を求める声が上がっている。トランプ米大統領は5月上旬、2000億ドル規模の中国製品に25%の関税を課し、中国は報復措置を講じた。今週10日には、月末に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で中国の習近平国家主席と通商合意に達しなかった場合、中国輸入品への追加の関税を発動する用意があるとも述べた。

輸入物価は関税を含まない。

輸入物価の前月比の内訳は、燃油・潤滑油が1.0%低下した。前月は1.7%上昇していた。食品は0.8%低下。前月は2.7%上昇した。

燃油と食品を除くコア輸入物価は0.2%低下。前月は0.3%低下していた。5月の前年同月比は1.5%低下した。ドルは今年、やや弱含んだものの、昨年に米国の主要な貿易相手国の通貨に対して値を上げた影響で、依然としてコア輸入物価が抑制された状態だ。

資本財は0.1%低下した。自動車を除く消費財は横ばいだった。

中国からの輸入物価は0.1%低下した。前月は0.2%低下していた。前年同月比は1.4%低下し、17年2月以来の大幅な落ち込みだった。

輸出物価は前月比0.2%低下した。前月は0.1%上昇していた。5月の前年同月比は0.7%低下。前月は0.2%上昇していた。

大豆は前年同月比で20.6%低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below