July 30, 2019 / 4:14 AM / 3 months ago

再送-日銀会合こうみる:総裁会見で円高圧力をけん制へ=みずほ総研 野口氏

(検索コードを修正して再送します。)

[東京 30日 ロイター] -

<みずほ総合研究所 上席主任エコノミスト 野口雄裕氏>

「ゼロ回答」だったが、想定通りだった。今後、欧米が利下げに動く中で金融市場がどう動くか、日本の10月の消費増税による経済への影響がどう出るか、それを見極めるまでは、政策変更の必要はないと判断したとみている。

展望リポートで、物価予想の数値も引き下げられたが、年後半から持ち直すとの見通しに変更はなかった。10月の展望リポートで、その見通しが変更されれば、そのタイミングで追加緩和が決定されると予想している。

一方で、声明文の最後に、「物価安定の目標」に向けたモメンタムが損なわれるおそれが高まる場合には、躊躇なく、追加的な金融緩和措置を講じる、と前回よりも強い表現が盛り込まれた。黒田東彦総裁会見で、そこを強調することによって、当面の円高圧力を回避しようとするのではないか。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below