July 31, 2019 / 3:08 AM / 3 months ago

日本の立場、米に伝達している=日米韓外相会談可能性で官房長官

[東京 31日 ロイター] - 菅義偉官房長官は31日午前の会見で、米国務省高官が8月初旬にバンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に合わせた日米韓外相会談の開催に意欲を示したことについて、米国には日本の立場について伝達しており、正しい理解が得られるよう努めていきたいとの考えを示した。

同長官は「日韓関係では韓国側からの否定的な動きが相次いでおり、非常に厳しい状況が続いている。一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を求めていく立場に変わりない」との見解をあらためて示した。

その上で、日米韓外相会談の可能性については「米国との間で、我が国の立場などを伝達している。日ごろから緊密に連携しており、我が国の立場について正しい理解が得られるよう努めていきたい」と述べた。

また韓国の康京和外相が30日、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、8月下旬の更新時期が迫る中で見直しを検討する考えを示したことについて「連携すべきことはしっかり連携することが大事。それを踏まえて適切に対応したい」と述べた。

北朝鮮が31日朝、複数の飛翔体を発射したことについて、同長官は「飛翔体であるか弾道ミサルであるか現在分析中」だとし、 米国および韓国とも緊密に連携を取っており、引き続き情報収集に全力であたっていきたいとした。我が国の船舶などに被害は無かったとした。また北朝鮮の意図について断定的に答えることは差し控えるが、詳細分析を踏まえて適切に対応する考えを示した。

中川泉 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below