July 31, 2019 / 3:23 PM / 4 months ago

UPDATE 1-シカゴ地区購買部協会景気指数、7月は44.4に低下

* 7月のシカゴ地区購買部協会景気指数は44.4(予想:50.6)、前月は49.7 (内容を追加しました)

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 金融情報会社MNIが31日発表した7月のシカゴ地区購買部協会景気指数は、44.4と6月の49.7から低下し、拡大・縮小の分岐点となる50を下回った。

ロイターがまとめたアナリスト予想は50.6だった。

MNIのシニアエコノミストは「全体的に企業は景気の弱さに直面しており、センチメントは一段と悪化している」と指摘。「世界的なリスク、通商面での緊張、需要鈍化、低調な成長見通しなど全てが景況感を脅かす」と述べた。

内訳では生産が10年ぶりの低水準。雇用は2009年10月以来の低水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below