August 8, 2019 / 3:07 PM / 9 days ago

UPDATE 2-米卸売在庫、6月は横ばい 売上高0.3%減

(内容を追加しました)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米商務省が8日発表した6月の卸売在庫は前月から横ばいと、先月発表された速報値の0.2%増から下方改定された。在庫の積み上げペースが落ちていることを示唆し、経済成長にとってさらなる重しになる可能性がある。

5月は0.4%増だった。6月の前年同月比は7.6%増。

国内総生産(GDP)算出に利用される自動車を除いた卸売在庫は前月比0.1%増だった。

在庫は第2・四半期に一段と増えたが、ペースは年初めと比べて鈍化した。第2・四半期に個人消費が大幅に増加したことも在庫積み上げが減速した一因だ。

また、金融市場を混乱させた米中貿易摩擦によって経済見通しが悪化する中で企業は慎重に在庫管理するようになった。

在庫は第2・四半期にGDPを押し下げる方向に働いた。第2・四半期GDPは年率で2.1%増と、第1・四半期の3.1%増から鈍化した。

6月の卸売在庫の内訳は、自動車が0.2%減。前月は1.6%増加していた。専門機器と機械は増えた。ハードウェアは0.6%減少し、16年10月以来の大幅な落ち込みとなった。

6月の卸売売上高は0.3%減だった。前月は0.6%減少していた。自動車は0.2%減。前月は2.6%増加していた。

6月の売り上げペースで在庫が全てはけるのに必要な期間は前月同様1.36カ月だった。

JPモルガンのエコノミスト、ダニエル・シルバー氏は、6月の数字から第2・四半期の在庫は約660億ドル分増加したようだと指摘。確報値の予想では717億ドル分とみられており、シルバー氏の予想によると、在庫はGDPを1.0%ポイント下押しすることになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below