August 22, 2019 / 1:42 PM / 24 days ago

UPDATE 2-米失業保険申請件数、予想下回る 労働市場底堅く

* 米新規失業保険申請件数は209,000件(予想:216,000件)=労働省

* 米失業保険受給総数167.4万件(予想:169.0万件)=労働省

* 米新規失業保険申請件数4週間移動平均は214,500件=労働省 (内容を追加しました)

[ワシントン 22日 ロイター] - 米労働省が22日公表した17日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万2000件減の20万9000件と、市場予想の21万6000件を下回った。製造業の減速や景気後退入りへの懸念はあるものの、労働市場は底堅さを保っていることを示した。

前週の数字は当初発表の22万件から22万1000件に改定された。労働省によると、ケンタッキー州は推計値だった。

労働市場の動向をより正確に反映するとされる4週間移動平均は500件増の21万4500件だった。1カ月前と比べて減少しており、雇用環境にとって明るい兆しだ。

今回の統計は労働省が8月の雇用統計を算出するための調査期間と重なる。

雇用の伸びのペースは落ちているが、依然として労働年齢人口の伸びを維持するのに必要な約10万人は大幅に上回っている。

失業保険受給者総数は10日までの週に5万4000件増の167万件だった。4週間移動平均は750件減の170万件だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below