November 12, 2019 / 6:17 AM / 23 days ago

訂正(12日配信の記事)-上海外為市場=人民元は小幅高、トランプ米大統領の演説待ち

(英文の訂正により、12日配信の以下の記事について、本文8段落目の「アドバイザー」を「元アドバイザー」に訂正します。)

[上海 12日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで小幅高。投資家らは米中通商協議の先行きを探ろうと、トランプ米大統領の演説待ちとなっている。 トランプ大統領は12日、ニューヨーク・エコノミック・クラブで「通商・経済政策」について演説する予定。

トランプ大統領は8日、対中関税の撤回で合意していないと明らかにした上で、中国が自身に関税撤回を望んでいるとの認識を示した。米中が貿易戦争を終結させる時期を巡って疑念が再燃、これを受けて米国株式市場やドル相場が下落した。

国内市場の人民元は1ドル=7.0050元で寄り付き、中盤時点では前営業日終値比67ポイント元高の7.0038元で取引されている。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.9988元に設定した。前営業日の基準値(6.9933元)と比べ55ポイントの元安水準。11日までは4営業日連続で元高水準に設定されていた。

上海に拠点を置く外資系銀行のトレーダーは、短期的に人民元は大幅に下落することなく、レンジ取引となるとの見通しを示した。

中国人民銀行(中央銀行)が発表した10月の新規人民元建て融資は6613億元(945億5000万ドル)で、1年10カ月ぶりの水準に落ち込んだ。大幅な減少は季節要因とみられ、政策当局は今後数カ月にわたり鈍化する景気の下支えを引き続き強化するとみられる。

中国人民銀行の元アドバイザー(訂正)、盛松成氏は、同国の政策当局は積極的な財政政策と利下げで鈍化する景気を支えるべきとの見解を示した。ただ、過剰な金融緩和は避けるべきとも論じた。経済誌「第一財経」が報じた。

ドル指数は前営業日終値の98.2から98.268に上昇。

オフショア人民元は中盤時点で1ドル=7.0059元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below