for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ステーブルコイン、リスク対応整わないうちは発行すべきでない=黒田日銀総裁

(詳細を追加しました)

[東京 4日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は4日、金融情報システムセンター(FISC)の講演会で、フェイスブックの「リブラ」に代表されるグローバルステーブルコインにはさまざまな課題やリスクがあるとして、それが解決しない限りは発行すべきではないとの考えを改めて示した。

黒田総裁は「決済のイノベーションと中央銀行の役割―ステーブルコインが投げかけた問題―」と題した講演で、グローバルステーブルコインについて「マネーロンダリング(資金洗浄)やサイバーリスク、データ保護、消費者・投資家保護などさまざまな課題がある」と指摘。またグローバルステーブルコインが普及すれば「金融政策の波及効果が弱まり、金融システムの安定も損なわれる可能性がある」として、「そうした課題やリスクへの対応が整わないうちは、発行されるべきではない」と繰り返した。

ステーブルコインに対する信頼が損なわれた場合、顧客は法定通貨への換金を急ぐ可能性があり、コインの発行主体は銀行預金の引き出しや政府短期証券の売却を余儀なくされるとも指摘。このことが「先進国の金融市場のボラティリティーや脆弱性を高めるよう作用する」と警戒感を示した。

黒田総裁は中銀デジタル通貨の発行について「日本では現金流通高がなお増加しており、現状、中銀デジタル通貨の発行を国民が求めているとは考えられない」と否定的な考えを示したが、将来に向け「技術面や法律面での調査・研究を進めている」とも付け加えた。 (志田義寧)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up