December 24, 2019 / 6:06 PM / a month ago

UPDATE 1-米ウーバー創業者のカラニック氏、年末までに取締役退任 全保有株売却

(情報を追加しました)

[24日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズは24日、創業者で前最高経営責任者(CEO)のトラビス・カラニック氏が年末までに取締役を退任すると発表した。カラニック氏は保有するウーバー株も全て売却し、自身が設立したゴーストレストラン企業の「クラウドキッチンズ」などの経営に専念する。

カラニック氏は2009年にウーバーを創業。17年6月にCEOを退いていた。

ウーバーのダラ・コスロシャヒCEOは声明で「カラニック氏のビジョンと不屈の精神、取締役としての見識に心から感謝している」と表明。カラニック氏は声明で、ウーバーが公開企業となった今、現在進めている事業のほか、慈善事業に専念したいとの心境を語った。

カラニック氏が設立したクラウドキッチンズは、大規模な商業キッチンを設置し、レストランなどに貸し出すことを目指しており、レストラン経営者は店舗投資を行わずにフードデリバリーサービスなどを展開できる。クランチベースによると、クラウドキッチンズは投資家からこれまでに4億ドルの資金を集めた。

規制当局への報告によると、カラニック氏はウーバーが5月に上場した際に25億ドルを超えるウーバー株を売却。広報担当者によると、カラニック氏は保有する全てのウーバー株式を売却した。クリスマス明けの26日に当局に最終的な報告書を提出する。売却した株式の価値は30億ドルを超えたとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below