February 13, 2020 / 8:02 AM / 2 months ago

UPDATE 1-日本国内で流行しているわけでない=クルーズ船の新型肺炎拡大で官房長官

(情報を追加しました)

[東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午後の会見で、横浜港に接岸しているクルーズ船の乗客・乗員の新型肺炎感染者が増加していることについて、世界保健機関(WHO)の統計でも、日本国内での感染者とは別にしており、日本国内で流行している状況では決してないとの見解を強調した。

また、クルーズ船に対するこれまでの対応を説明。乗客には自室で待機してもらい、クルーズ船全体の感染リスクを引き下げ、検査体制の拡充を図りつつ、高齢者や持病のある乗客らを優先して検査する方針だったとした。

その上で今回は、検査で陰性だった乗客を対象に、下船するか船内に残るのかを判断してもらう選択肢を提示したと語った。

この新しい対応のタイミングが今になったのは、どうしてかとの質問に菅官房長官は、これまでの対応を繰り返し説明するにとどまった。

また、ロシア外務省の報道官から、日本政府の対応に批判が出ていることについても「1つ1つにコメントしない」と語りつつ、関係各国には緊密に連絡、報告をしていると述べた。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below