March 3, 2020 / 9:25 PM / a month ago

再送-UPDATE 2-米金融・債券市場=10年債利回り初の1%割れ、FRB緊急利下げ受け

 (本文の重複部分を削除しました。)
    [ニューヨーク 3日 ロイター] - 
                                   米東部時間                                              
      30年債(指標銘柄)           17時05分     109*05.50     1.6127%             
                                 前営業日終値     108*11.50     1.6450%                    
       10年債(指標銘柄)           17時04分     104*23.50     0.9990%             
                                 前営業日終値     103*28.00     1.0880%                    
        5年債(指標銘柄)           17時05分     101*27.75     0.7431%            
                                 前営業日終値     101*08.75     0.8640%                    
        2年債(指標銘柄)           17時05分     100*26.75     0.7011%            
                                 前営業日終値     100*18.88     0.8260%                    
 
                     清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物3    173*10.00  172*07.00        
 月限                                   
 Tノート先物3    136*00.00  135*08.50        
 月限                                   
    
    米金融・債券市場では、指標10年債利回りが1%を下回り、過去最低を更新した。
急速に感染が拡大している新型コロナウイルスによる経済的影響の緩和に向け、米連邦準
備理事会(FRB)が政策金利を緊急で50ベーシスポイント(bp)引き下げたことを
受けた。
    FRBによる緊急利下げを受け、米債利回りは幅広く低下。不確実性が広がる中、投
資資金は安全資産である米債に向かっている。
    FRBは3日、フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を50bp引き下げ、
1.00─1.25%にすると発表。声明で「米経済のファンダメンタルズ(基礎的条件
)は引き続き力強い。新型コロナウイルスは経済活動に対するリスクとして台頭しつつあ
る。こうしたリスクを踏まえ、さらに、最大雇用と物価安定の目標を達成するために、連
邦公開市場委員会(FOMC)はきょう、 FF金利の誘導目標を引き下げることを決定
した」とした。
    パウエルFRB議長は2月28日に声明を発表し、米経済は引き続き底堅いものの、
新型ウイルスの感染拡大が経済へのリスクになっているとし、「景気の下支えに向けあら
ゆる手段を活用しながら適切に対応する」と表明。これを受け利下げ観測が高まっていた
が、これほど迅速に措置を打ち出すとは予想されていなかった。   
    アクション・エコノミクスのグローバル債券部門マネジングディレクター、キム・ル
パート氏は「FRBの政策変更は失敗したようだ。FRBが利下げする必要はなかった。
なぜなら利下げしても新型ウイルスの感染拡大阻止にはつながらないからだ」と指摘。「
またしてもFRBが市場に屈した格好となり、投資家を不安にさせた。あらゆることが十
分に練られていないように見える」とした。    
    SVBアセットマネジメント(サンフランシスコ)のシニアポートフォリオ・マネジ
ャー、パウラ・ソラネス氏はFRBの緊急利下げについて「発表当初はプラスなものとし
て受け止められたが、その後は株価は再び下落した」と指摘。「新型ウイルスの脅威は差
し迫ったもので、米経済も影響を受けるとの見方から下落しているのではないか。どのよ
うな規模の影響が出るかについては誰にもまだ分からない」と述べた。    
    終盤の取引で、10年債利回りは1.00%と前日終盤の1.088%
から低下。一時0.906%と過去最低を付けた。 
    30年債利回りも一時1.507%まで低下し、過去最低を更新。終盤
の取引では1.622%。前日終盤は1.645%だった。    
    2年債利回りは一時0.628%まで低下し、約4年ぶりの低水準を更新
。終盤では0.712%。前日終盤は0.878%だった。
    金利先物市場では、FRBが4月のFOMCで追加利下げを決定するとの観測が高ま
っている。
    FRBの緊急利下げを受け、米国債の利回り曲線はスティープ化。2年債と10年債
の利回り格差は28.8bpと、前日の25.8bpから拡大した。    
 
    MUFG証券(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ジョン・ハーマン氏は4月の
FOMCまでに追加的に25bpの利下げが実施される予想を変えていないと指摘。その
後、あと1回の利下げが行われるとの見方を示した。       
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>
 DOLLAR SWAP SPREADS                                            
                                  Last (bps)  Net Change (bps)  
 U.S. 2-year dollar swap spread   7.00        0.50              
 U.S. 3-year dollar swap spread   5.25        -0.50             
 U.S. 5-year dollar swap spread   5.75        -0.50             
 U.S. 10-year dollar swap spread  -3.00       -1.25             
 U.S. 30-year dollar swap spread  -40.25      -2.25             
 
    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below