for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-2月全国百貨店売上高は前年比12.2%減、5カ月連続マイナス=日本百貨店協会

(文章の一部表記を修正しました)

[東京 24日 ロイター] - 日本百貨店協会が24日発表した2月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比12.2%減の3661億円と、5カ月連続マイナスになった。

2月は、新型コロナウイルスの影響で、集客・売り上げとも厳しい状況が続き、入店客数も約1割減少した。外出自粛の広がりで国内顧客の消費マインドは低下し、売り上げは同7.8%減となった。また訪日外国人客についても、中国による団体海外旅行禁止のほか、今年の春節の時期が昨年より前倒しとなったことが響き、購買客数は同68.3%急減。免税総売上高は同65.4%減の110億円にとどまった。

商品別にみても、主力の衣料品が15.9%減、身の回り品が16.7%減となるなど、ファッション商材は暖冬の影響もあって苦戦した。雑貨も化粧品の売り上げ不振が響き18.9%減少した。

調査対象の百貨店は75社・206店舗。東京地区は前年比12.8%減と、5カ月連続マイナスとなった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up