May 19, 2020 / 2:21 AM / 15 days ago

豪経済、新型コロナで「前例ない」縮小に直面=中銀議事要旨

[シドニー 19日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は19日、今月開いた理事会の議事要旨を公表した。理事会では、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により豪経済は「前例のない」著しい縮小に直面しているとの認識が示された。

ただ、財政・金融両面の大規模な刺激策が打撃を和らげる見込みとした。

中銀は5日に開いた理事会で、政策金利を予想通り過去最低の0.25%に据え置いた。また、3年物国債利回りを0.25%付近に維持するため、必要なだけ国債を買い入れるとあらためて表明した。

議事要旨では、理事会メンバーが景気のさまざまなシナリオを議論したことが示された。基本シナリオでは今年上半期の国内総生産(GDP)が10%、年間では6%、それぞれ減少すると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below