for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-中国製造業PMI、5月は予想外に50回復 需要はなお低迷=財新

(内容を追加しました)

[北京 1日 ロイター] - 財新/マークイットが発表した5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.7と、前月の49.4から上昇した。新型コロナウイルス感染拡大抑制策が緩和されたことを受けて好不況の分かれ目となる50を上回ったが、輸出受注は低迷が続き小幅な改善にとどまった。

ロイターがまとめたアナリスト予想は49.6だった。

5月の製造業PMIは1月以来の高水準だった。企業が業務を再開し過去の受注をこなしたため生産が急拡大した。分断されていたサプライチェーンが安定してきたことも寄与した。

ただ需要は依然として低水準にとどまっている。主要な貿易相手国でロックダウン(都市封鎖)が終了していないことから新規輸出受注指数は50を大きく下回っている。

財新インサイト・グループのシニア・エコノミストは「海外で新型コロナの感染拡大が続いていることが需要の大きな足かせになっている」と分析。

「雇用市場の安定が政策当局者の今年最大の優先事項だ」と指摘した上で「雇用の拡大は簡単なことではない。財新の製造業PMIの雇用指数は5カ月連続で50を下回っている」と述べた。

中国国家統計局が31日に発表した5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.6と、前月の50.8から低下し、生産活動の回復の鈍さを浮き彫りにした。一方、5月の非製造業PMIは53.6と、4月の53.2から改善。サービス分野の活動と消費者信頼感がゆっくりと回復しつつあることを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up