for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

みずほ、システム運用子会社に日本IBMが65%出資へ

 1月31日、みずほフィナンシャルグループ>が発表した2019年4―12月期連結純利益は4039億円となり、前年同期比1.4%減少した。写真は都内で2017年1月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 2日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ8411.Tは2日、みずほのシステム運用業務を担う子会社、みずほオペレーションサービスの発行済み株式65%を6月末までに日本IBMに売却すると発表した。みずほオペレーションサービスは両社の合弁会社となり、みずほの出資比率は35%となる。

新会社の名称は未定で、7月1日に事業を開始する予定。

みずほと日本IBMは新合弁会社の下で、みずほの大規模システムの安定運用のノウハウと日本IBMの最新テクノロジーを融合することにより、効率性の高いシステム運用サービスの実現を目指すという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up