for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=堅調、週間で大幅上昇の見通し

[シドニー 5日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが堅調。投資家が世界経済の回復を見込む中、週間ベースで大幅な上昇となる見通し。

豪ドル/米ドルは0.6977米ドル。今週に入り4.6%上昇。一時5カ月ぶり高値(0.6988米ドル)を付けた。3月中旬には17年ぶり安値となる0.5510米ドルを付けていた。

次の上値抵抗線は、12月下旬高値の0.7000米ドルと0.7032米ドル。支持線は0.6944米ドルと0.6882米ドル。

NZドルは米ドルに対して0.6488米ドル。週初からは約4.6%上昇している。

各国で経済活動が再開する中、景気回復への期待が高まり、世界的に株価や商品(コモディティ)価格が上昇、豪ドルとNZドルも買いが優勢となっている。

オーストラリア準備銀行(RBA)が、輸出競争力を損ね、金融状況のひっ迫につながる通貨高をどの程度容認するか、市場関係者は見極めようとしている。しっかりとした景気回復の裏付けがないまま豪ドル高が進めば、RBAは豪ドル高に対してより慎重になるとの指摘も出ている。

景気回復期待で10年債利回りは11週間ぶり高水準となる1.128%を記録。

3年債利回りは数ベーシスポイント(bp)上昇し、0.28%。RBAは3年債利回りを0.25%近辺で維持することにコミットししている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up