for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

健全化目標、直ちに見直す必要ないが腰を据えた議論必要=麻生財務相

6月8日、麻生太郎財務相は8日の参院本会議で、国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を黒字化する時期を2025年度とする財政健全化目標について「直ちに見直す必要があるとは考えていない」と述べた。都内で2018年3月撮影(2020年 ロイター/TORU HANAI)

[東京 8日 ロイター] - 麻生太郎財務相は8日の参院本会議で、国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を黒字化する時期を2025年度とする財政健全化目標について「直ちに見直す必要があるとは考えていない」と述べた。浅田均議員(維新)への答弁。

もっとも、麻生財務相は「経済再生なくして財政健全化なし」との安倍政権の基本方針を力説した上で、新型コロナウイルスによる「100年に一度の危機からいち早く脱出を図りつつ、財政健全化のあり方について、腰を据えて議論していくことが必要」と強調。巨額の国債追加発行に伴う短期的な財政収支の悪化に対して、長期的な議論の重要性を示唆した。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up