for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=全市場で上昇、先進国市場の株高を受け

[9日 ロイター] - 9日の東南アジア株式市場は全市場で上昇して始まった。とりわけシンガポール市場はこのまま引けると7営業日続伸となり、昨年3月以来の連騰となりそうだ。前日の米国を始めとする先進国市場の堅調な相場が、世界的な株高につながり、これに東南アジア域内市場も連れ高となっている。 0418GMT(日本時間午後1時18分)時点で、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.39%高。ただ同市場は、新型コロナウイルスの感染拡大で最も打撃を受けており、年初来でなお19%安で推移している。これに対し、クアラルンプール市場は徐々にプラス圏へと切り返しつつあり、バンコク市場やホーチミン市場は1桁台までマイナス幅を縮めて推移している。 クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは1.51%高。連休明けの取引で一時は2.2%高と、1月22日以来の高値を付ける場面もあった。マレーシア空港ホールディングスは8.2%高で、この日1番の値上がり銘柄となった。 同国政府が7日に、10日から経済活動を再開し各州間の旅行も容認する方針を発表したことが、支援材料となった。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.13%高。3月中旬以来の高値を付けて推移している。政府系複合企業セムコープ・インダストリーズは34.6%高と過去最大の上昇率を記録する勢いとなっている。不採算の海洋土木セムコープ・マリンが、グループ会社から離脱するという計画が市場で好感された形だ。 バンコク市場のSET指数は0.58%高。7営業日連続に向け、値を上げながら取引が進んでいる。生活必需品の関連銘柄に最も買いが集まった。 ホーチミン市場のVN指数は0.52%高。生活必需品や工業といった銘柄が相場を下支えする。マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.22%高となっている。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up