for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(12日)=ルピアが大幅安

    [12日 ロイター] - アジア新興国通貨市場では、インドネシアルピアが売られ
、最も大きな下げとなっている。国内の新型コロナウイルス感染拡大や、感染第2波への
懸念でアジア地域の株や為替が大幅安となっていることが背景。
    ルピア      は対ドルで1.5%安まで下落し、5月初旬以来最大の下げとなる見込
み。
    タイバーツ        は0.3%安、マレーシアリンギ      は0.2%安。
    インドネシア中央銀行は、ルピア相場の安定を図るため、スポット為替、国内ノンデ
リバラブルフォワード(NDF)市場に介入したことを明らかにした。            
    

    
 (覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up