for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、新型コロナ第2波不安視

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     353.09    -0.97  -0.27     354.06          
 FTSEユーロファース    1377.31    -4.19  -0.30    1381.50          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3136.40   -17.34  -0.55    3153.74  <.STOXX50E
                                                               >
    

    週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。中国で新型コロナウイルスの感染件数
が増え、第2波への不安が高まった。
    AJベルの投資ディレクター、ラス・モウルド氏は「この日の株安は投資家が、世界
各国が封鎖措置を緩和する中で中国と似た感染拡大が他国でも見られるのを不安視してい
ることを示唆する」と述べた。
    コメルツ銀行で企業信用リサーチ部門を率いるマルコ・ストークル氏は「景気のV字
回復への期待が第2の封鎖措置への不安へ変わった場合、ここ数週間相場を押し上げてき
た楽観的な見方は急速に後退し得ることを改めに認識する機会となった」と話す。
    ロイターによると米資産運用大手ブラックロックは1月末以降、約160億
ユーロ(180億ドル)を欧州企業810社に投資した。投資先の半分以上が新型コロナ
感染拡大で打撃を受けた企業だった。
    STOXX欧州600種資源株指数は2.13%、旅行・娯楽関連株指数<.S
XTP>は1.45%それぞれ下落した。
    一方、スイスのセンサー製造センシリオンは22.7%急騰。新型コロナ
感染症の治療に必要な人工呼吸器用のガスセンサーの販売が拡大したことから2020年
度の業績見通しを引き上げたことが好感された。
    

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up