for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(29日)=軟調、ルピアが安い

* グラフィック(世界の為替レート):tmsnrt.rs/2egbfVh

* グラフィック(アジア株への海外マネー流入):tmsnrt.rs/3f2vwbA

[29日 ロイター] - アジア新興国通貨市場は、軟調な取引となっている。世界的な新型コロナウイルス感染拡大を背景に、景気回復に対する楽観的見方が後退。安全な避難通貨であるドルに資金が流れ、新興国通貨を押し下げている。

ただ、マレーシアリンギは0.2%高。S&Pが26日に格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことで株価は下落しているものの、底堅く推移している。

人民元は小幅安。中国市場は26日は休場だった。

インドネシアルピアは0.2%安。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up