for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士通、22年度末までにオフィス規模を半分程度に 「新常態」踏まえ

[東京 6日 ロイター] - 富士通は6日、2022年度末までにオフィスの規模を現状の50%程度に縮小すると発表した。約8万人の国内グループ従業員の勤務形態はテレワーク勤務を基本とし、全席をフリーアドレス化する。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うニューノーマル(新常態)を踏まえた取り組みの一環で、業務の内容・目的、ライフスタイルに応じて時間や場所をフレキシブルに活用できる最適な働き方を実現し、生産性などの向上につなげる狙い。

新型コロナウイルスの感染防止のため在宅勤務を継続する企業の間では、出勤率の低下で生じる空きスペースの有効活用などオフィスのあり方を見直す動きが広がる可能性がある。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up