for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-メキシコ中銀、0.5%利下げ 4年ぶり低水準に

* メキシコ中銀、政策金利を5.00%から4.50%に引き下げ (内容を追加しました)

[メキシコ市 13日 ロイター] - メキシコ中央銀行は13日、政策金利を0.5%ポイント引き下げ、4.5%にすることを決定した。政策金利は4年ぶりの低水準となったが、理事会メンバーの1人が0.25%ポイントの利下げを主張し、利下げペースが鈍化する兆しが示された。

中銀は、2020年末までにインフレ率が上昇する可能性を示唆する一方、経済のスラック(需給の緩み)が拡大すると予想し、下振れリスクは大きいとした。

利下げ幅はアナリスト予想に一致。利下げ決定後、メキシコペソは小幅に上昇した。

中銀は声明で「インフレや経済活動、金融市場のリスクを考慮すると、金融政策と経済に大きな課題が生じている」と指摘。「可能な政策余地はインフレ見通しとインフレ期待に影響を与える要因の変化に左右されるだろう。これにはパンデミック(世界的大流行)による影響も含まれる」とした。

足元のインフレ率とコアインフレ率の上昇は短期的に予測に影響を与えるだろうが、双方とも1─2年以内には中銀目標の3%近辺で推移すると予想した。

キャピタル・エコノミクスのアシスタントエコノミスト、ニヒル・サンガーニ氏は「燃料費の上昇により、今後数カ月でインフレ率が中銀の目標レンジ上限の4.0%近辺に押し上げられる可能性が高く、他の中銀メンバーが追加緩和に神経質になりかねない」と指摘。「メキシコ中銀の緩和サイクルが鈍化し始める兆しがある」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up