for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国百度、第3四半期売上高は低調見込む 新型コロナが広告収入圧迫

[13日 ロイター] - 中国の大手検索サイト・百度(バイドゥ)は13日、第3・四半期の売上高について、新型コロナウイルスの影響で広告収入が引き続き圧迫されるとし、市場予想を若干下回る見通しを示した。

第3・四半期の売上高は263億─287億元になると見込んでいる。予想レンジ中央値はリフィニティブがまとめたアナリスト予想の275億7000元を若干下回る。

新型コロナの影響で旅行や金融サービス業界などの大手企業が引き続き広告費を削減しており、同社の広告収入は圧迫されている。

一方、第2・四半期決算は、売上高が260億3000万元(37億5000万ドル)で、アナリスト予想の257億1000万元を上回った。

調整後利益は、1米国預託証書(ADR)当たり10.11元で、アナリスト予想の9.60元を上回った。

収益の柱となる検索サービスなどを含むオンラインマーケティング部門の売上高は、8%減の177億元だった。

一方、配信サービスの会員収入は19%増加した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up