for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=底堅く推移、上振れリスク感じる投資家心理も

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は底堅く推移すると想定されている。前日の米国株式市場が方向性を示す材料にならないほか、週末とあって手掛けにくいムードが生じることから、大きな変動は見込みにくいという。ただ、オプションSQ(特別清算指数)算出後に堅調な地合いを保つ場合は、上振れリスクを感じる投資家心理が強くなり、引けにかけて株価が締まる可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万3000円─2万3400円。

13日の米国株式市場は、S&P総合500種.SPXが取引時間中に終値としての過去最高値を上回ったものの、小幅安で終了した。ダウ工業株30種.DJIも、ネットワーク機器大手シスコシステムズCSCO.Oが前日に示した業績見通しが嫌気され、下落して終了した。一方、ナスダック総合.IXICは上昇した。

米株の動向が方向性をはっきり示す動きとは言えないほか、週末であるため投資家も積極的に仕掛けにくい。朝方昇が急だったために、利益にオプションSQを算出した後は、前日のシカゴ日経平均終値近辺で推移するとみられる。また、直近の上昇で利益確定売りが出やすく、これが上値を抑える要因になるという。

市場では「夏枯れ、円高という8月のアノマリー通りとならない中、ショートポジションがたまっており、需給面では踏み上げも読める状況。きょうも底堅く推移すれば、上値を追う可能性もある」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)といった声も聞かれた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23249.61 24115.95 16358.19

+405.65 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 23195(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up