for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モーリシャス座礁「わかしお」、船体が2つに分断 残油流出は限定的

[東京 16日 ロイター] - インド洋のモーリシャス沖で座礁した貨物船「わかしお」の船体が現地時間の15日、2つに分断した。船主の長鋪(ながしき)汽船が16日、発表した。

わかしおは、船体のやや後方の亀裂が進行し、現地時間15日午後2時に船体が分断した。船体の前方部分は当局の指示により沖合に曳航(えいこう)する。後方部分については関係当局と協議する。

同船が座礁した際には重油約3800トンと軽油約200トンを保有。既に船外に流出した油約1000トンを除く推定約3000トン分は現地時間12日までにほぼ全量を回収できたと見られるとしている。燃料油以外の潤滑油など約100トンは、同14日までに部分的に回収され、未回収の油は「一部流出したもようだが限定的と推定される」としている。

座礁事故の原因については、乗組員に対する捜査当局の聴取完了後、船主の長鋪汽船が聞き取りを行う予定。

平田紀之

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up