for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、中国人民銀行の流動性供給を好感

    [17日 ロイター] - 
 <株式指数>           終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                 終値  
 FTSE100種     6127.4  +37.40  +0.61   6090.04          
                           4                           
 
    
    週明けのロンドン株式市場は3営業日ぶりに反発して取引を終えた
。中国人民銀行(中央銀行)が新たに流動性供給を決めたことで鉱業株
が買われた。
    米中は先週末に予定していた「第1段階合意」の進捗状況を検証す
る協議を延期したものの、市場は中国人民銀行による流動性供給に注目
。資源大手のBHPとリオ・ティント、アングロ・ア
メリカンは1.4%から2.8%上昇した。
    市場は今週発表される英国の小売売上高や、物価指数、消費者信頼
感指数、総合購買担当者景気指数(PMI)速報値に注目している。先
週発表された中国と米国の7月の小売売上高は期待外れの内容だった。
    FTSE350種旅行・娯楽関連株指数は4営業日続
落した。英国が先週、入国者の隔離を義務付ける対象国をフランスやそ
の他の国に拡大して以来、値下がりしている。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.20%上昇
。食肉加工のクランスイックが6.6%高となり全体水準を押
し上げた。外食する人が増える中で2020年の残りは小売需要が正常
な水準に戻ると述べた。封鎖措置の間は大半の人が家で食事を取ったこ
とから、第1・四半期の売り上げは25%急増していた。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up