for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、米中対立懸念でエネルギー株などに売り

    [18日 ロイター] - 
 <株式指数>           終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                 終値  
 STOXX欧州60   367.18   -2.08  -0.56    369.26          
 0種                                                  
 FTSEユーロファ   1424.8   -7.41  -0.52   1432.26          
 ースト300種            5                           
 ユーロSTOXX5   3289.6  -16.21  -0.49   3305.85  <.STOXX50
 0種                      4                           E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。米中関係の緊迫化が不安視
される中で銀行とエネルギー株が売られた。米国株式市場ではテクノロ
ジー株がけん引する形でS&P総合500種指数が過去最高値を付けた
。
    STOXX欧州600種は序盤はプラス圏で推移したものの、終盤
にかけてマイナスに転じた。現在は過去最高値を15%下回る水準にあ
る。
    米国ではS&P総合500種が日中最高値を更新。新型コロ
ナウイルスの危機が始まった2月以降の値下がり分を全て取り戻した。
アマゾンやアップルなどのテクノロジー株がけん引し
ている。
    トランプ米政権は17日、中国の通信機器大手、華為技術(ファー
ウェイ)        に対する半導体輸出規制をさらに強化すると発表し、
米中関係が一段と緊迫した。
    STOXX欧州600種銀行株指数と石油・ガス株指数<.S
XEP>はともに1%以上のマイナスとなった。石油株は原油安が重しとな
った。
    英豪系資源大手BHPは2.6%安。通期利益が4%減と
市場予想を超える落ち込みだった。また同社は、中国以外の主要国経済
が今年、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で縮小すると警告
した。
    欧州の高級ブランド、パンドラは7.5%下落した。
ほぼ全ての店舗が営業を再開したにもかかわらず、今年は売り上げが最
大5分の1減少するとの見通しを示し、悪材料となった。
    小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は4
.9%安。新たに7000人の人員を削減する計画を発表した。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up