for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米民主党大会2日目、バイデン氏を大統領候補に正式指名へ

[18日 ロイター] - 米民主党は全国大会2日目の18日、バイデン前副大統領を党の大統領候補に正式に指名する。また、新型コロナウイルスの打撃を受けた米国の立て直しに向けてジル・バイデン夫人が夫への支持を呼び掛ける。

18日にはこのほか、クリントン元大統領やカーター元大統領、ジョン・ケリー元国務長官らが演説し、トランプ政権がもたらした混乱を解消して正常化する経験と知識をバイデン氏は備えていると訴える。

大会2日目は「リーダーシップは大切だ(Leadership Matters)」をテーマに掲げている。

この日行われる基調演説では、例年のように1人に焦点を当てるのではなく、今後が期待される17人の若手党員にスポットライトが当てられる。その中には、バイデン氏の副大統領候補として取り沙汰されていた黒人女性のステイシー・エイブラムス氏も含まれる。

大会初日と同様、バイデン氏支持に転じた共和党支持者の声も伝える。マケイン元共和党上院議員のシンディ夫人がビデオで登場し、マケイン氏とバイデン氏の長年の友情について語るという。6月にバイデン氏支持を表明したコリン・パウエル元国務長官も登場する。

ケリー元国務長官はトランプ大統領の外交政策を批判する考えで、事前に記者団に対し、トランプ氏の下では「米国は自由な世界のリーダーではない」と語った。

バイデン氏は20日に指名受諾演説を行う。19日にはバイデン氏が副大統領候補に起用したカマラ・ハリス上院議員やオバマ前大統領が演説する。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up