for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:半導体関連は軟調、米エヌビディアの好決算は反映できず

[東京 20日 ロイター] - 半導体関連株は軟調。東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなど売りが先行している。オーバーナイトの米国株市場でフィラデルフィア半導体指数が下落したことなどが嫌気された。

半導体業界では、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米国の規制強化の影響が懸念されており、米エヌビディアが19日発表した第2・四半期(5─7月)の好決算を素直に反映できていない。

市場からは「これまで買われてきたこともあり、高値圏で上昇一服の様相。いくつか懸念材料はあるものの、5GやIoTに関連するところが半導体の需要をけん引する流れは変わらない」(国内証券)との声が出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up