for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反落、景気回復の先行き懸念

    [ベンガルール 20日 ロイター] - 
 インド             日本時間14時8     前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      38,362.79   - 252.00   - 0.65  38,283.90
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           38,614.79                               
                    日本時間14時8     前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             11,348.35    - 60.05   - 0.53  11,317.45
                                                                
 前営業日終値           11,408.40                               
    序盤のインド株式市場の株価は反落。世界的な株安の流れに追随した。新型コロナウ
イルス感染拡大からの景気回復の先行きが懸念された。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0348GMT(
日本時間午後0時48分)時点で、0.73%安の1万1325.80。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.77%安の3万8
320.26。
    両指数は前日まで3日続伸していた。NSE指数は今週、2%超上昇している。
    インドでは感染者数が引き続き増加しており、20日には1日としてはこれまでで最
多の6万9652人の感染が確認された。累計感染者は284万人、死者は5万3866
人に上る。
    NSE指数を構成する50銘柄のうち48銘柄が、11の主要業種別指数のうち9指
数が下落した。
    ニフティ金属株指数は1.35%安、ニフティ不動産株指数は1.13
%安。
    一方、ニフティ製薬株指数は序盤の取引で上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up