for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式こうみる:日本は「8割経済」、米株より伸び鈍い=T&Dアセット 浪岡氏

[東京 20日 ロイター] -

<T&Dアセットマネジメント ストラテジスト兼ファンドマネージャー 浪岡 宏氏>

日本の経済指標をみると、6月の機械受注や7月の輸出入など最近は前年比2割減というデータが多い。コロナ後の状況は「8割経済」だ。一方、米国では6月の新築住宅販売や7月の小売売上高など前年比並みに戻っている指標が多くなってきている。

日本はコロナ前から景気後退期に入っており、元々の経済の力強さに違いがあったが、コロナ後の世界で重要なデジタルトランスフォーメーションでも、適した企業が米国に比べて少ない。足元ではドル安・円高となっていることも、日本株にとっては不利だ。

こうした状況を踏まえると、米国株に比べて日本株の伸びは鈍くなると予想している。しばらく日経平均でみて2万1500─2万3300円のレンジ推移となるのではないか。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up