for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融・債券市場=利回り上昇、米中通商合意履行再確認でリスク選好

    [25日 ロイター] -    
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     15時39分    99*19.00   1.3916%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   100*20.50   1.3490%             
                            値                        
 10年債(指標銘      15時37分    99*13.50   0.6851%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    99*25.50   0.6460%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     15時37分    99*25.00   0.2947%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*27.25   0.2800%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     15時37分    99*30.13   0.1554%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*30.25   0.1530%             
                            値                        
    
                        清算値    前日終値  コード
 Tボンド先物9月     178*17.00   179*14.00        
 限                                         
 Tノート先物9月     139*10.00   139*16.50        
 限                                         
    
    米金融・債券市場では、米中の通商合意履行の再確認を受けリスク選好度が上昇し、
債券市場から資金が流出したことで長期債を中心に利回りが上昇した。米財務省が実施し
た2年債入札が堅調な需要を集めたことも影響した。 
    終盤の取引で10年債利回りは3.9ベーシスポイント(bp)上昇の
0.6851%。午前の取引で0.716%まで上昇し、8月17日以来初めて0.7%
台に乗せた。    
    財務省はこの日、500億ドルの2年債入札を実施。入札規模は2年債として過去最
大となる。最高落札利回りは0.155%、応札倍率は2.78倍だった。
    BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、ベン・ジェフェリー氏は、プ
ライマリーディーラーの落札比率が28.7%と、平均の35%を下回ったことで、国債
増発にもかかわらず旺盛な需要が存在していることが示されたと指摘。「過去最大規模の
国債入札が相場をゆがめることなく消化されていることは、財務省が低利回りで市場から
資金を調達し続けられることを示している」と述べた。
    ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン米財務長官は、中国の
劉鶴副首相と電話会談し、米中通商合意の「第1段階」を履行する決意を再確認した。[n
L4N2FR0ET]
    ケンブリッジ・トラストの債券部門責任者、エリック・ジュソーム氏は、安全資産か
ら資金が流出し、利回りが上昇したと指摘。「通商を巡る環境が『リスクオン』となった
ことで、米国債から資金が流出した」と述べた。
    この日発表の米経済指標では、コンファレンス・ボード(CB)の8月の米消費者信
頼感指数が84.8と、前月の91.7から2カ月連続で低下し、2014年5月以来の
低水準となった。これを受け、リスク選好度はやや低下した。        
    2年債利回りは0.5bp上昇の0.1575%。2年債と10年債の利
回り格差は53bpと、前日終盤から約3bp拡大。7月24日に付けた
低水準の33bpからは大幅に拡大した水準にある。    
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>    
                                      Last (bps)   Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread       7.00         0.50
 U.S. 3-year dollar swap spread       6.00         0.00
 U.S. 5-year dollar swap spread       4.50         0.25
 U.S. 10-year dollar swap spread      -1.00        0.00
 U.S. 30-year dollar swap spread      -37.25       0.75
                                                   
 
    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up