for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(26日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [26日 ロイター] - 
                                 終値     前日比         %       始値       高値       安値  コード
      中国  上海総合指数     3329.7388  - 43.8393     - 1.30  3371.8083  3382.6032  3320.1355 前営業日終値     3373.5781                                                         
      中国  CSI300指    4706.130    -55.821      -1.17   4761.719   4786.425   4689.881  <.CSI30
            数                                                                                 0>
            前営業日終値      4761.951                                                         
      香港  ハンセン指数      25491.79      +5.57      +0.02   25520.41   25603.17   25360.03        
            前営業日終値      25486.22                                                         
      香港  ハンセン中国株    10300.36      +8.51      +0.08   10308.56   10365.81   10264.17         
            指数                                                                               
            前営業日終値      10291.85                                                         
      韓国  総合株価指数       2369.32      +2.59      +0.11    2367.74    2374.68    2336.98         
            前営業日終値       2366.73                                                         
      台湾  加権指数          12833.29     +75.04      +0.59   12768.96   12833.29   12734.69         
            前営業日終値      12758.25                                                         
        豪  S&P/ASX     6116.40     -45.00      -0.73    6160.40    6160.40    6079.80         
            指数                                                                               
            前営業日終値       6161.40                                                         
  シンガポ  ST指数           2542.08     -16.95      -0.66    2548.28    2548.57    2528.94        
      ール                                                                                     
            前営業日終値       2559.03                                                         
  マレーシ  総合株価指数       1549.58      -5.38      -0.35    1554.75    1558.95    1538.26         
        ア                                                                                     
            前営業日終値       1554.96                                                         
  インドネ  総合株価指数      5340.328     +1.440      +0.03   5338.888   5351.471    5324.61         
      シア                                                                                     
            前営業日終値      5338.888                                                         
  フィリピ  総合株価指数       5931.33     -22.11      -0.37    5935.83    5935.83    5895.70        
        ン                                                                                     
            前営業日終値       5953.44                                                         
  ベトナム  VN指数            873.47      -0.65      -0.07     873.62     876.97     871.78        
            前営業日終値        874.12                                                         
      タイ  SET指数         1322.55      +6.56      +0.50    1317.74    1323.97    1311.14         
            前営業日終値       1315.99                                                         
    インド  SENSEX指    39073.92    +230.04      +0.59   38930.18   39111.55   38765.09  <.BSESN
            数                                                                                 >
            前営業日終値      38843.88                                                         
    インド  NSE指数        11549.60     +77.35      +0.67   11512.85   11561.75   11461.85         
            前営業日終値      11472.25                                                         
 
    東南アジア株式市場はまちまち。新型コロナウイルス新規感染者の増加や米国のさえない経済指標が投
資家心理を下押しした。
    8月の米消費者信頼感指数は6年ぶりの低水準に悪化。これを嫌気して、シンガポール市場のストレー
ツ・タイムズ指数(STI)は、0.66%安の2542.08で引けた。前日は米中貿易協議の進
展を示す兆候が見られ、1週間ぶりの高値を付けていた。
    同指数の構成銘柄では、運輸サービスのSATSが4.2%安、ユナイテッド・オーバーシ
ーズ・バンクが2.3%安で、下落率上位だった。
    市場では、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が27日にジャクソンホール経済シンポジウ
ムで行う講演で、平均インフレ率を目標とする金融政策への移行を示唆するかどうかを注視している。平均
インフレ率目標を導入すれば、これまでよりインフレ率の上昇が速まる。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは、0.37%安の5931.33。フィリピンでは新型コ
ロナ感染者数が増加し続けており、東南アジア最大の感染発生地域と見られている。
    バンコク市場のSET指数は0.5%高の1322.55で終わった。上昇率上位は、広告を
手掛けるVGIの14.3%高、医療用手袋製造のスリトラン・グローブスの5.5%
高など。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.35%安の1549.58。ジャカルタ
市場の総合株価指数は0.03%高の5340.328。
    
    中国株式市場は下落。ハイテク銘柄の多い深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネク
スト)」が下げを主導した。
    チャイネクスト指数は2.1%安。2日間にわたり急伸したが、きょうは利食い売りに押された
。
    上海証券取引所の新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」の科創板50指数は3.1%下
落した。
    新規株式公開(IPO)ルール改正後の第1弾としてチャイネクストに24日に上場した18銘柄中1
4銘柄が大幅安となった。寧波卡倍億電気技術は20.5%、安徽金春无紡は17
.9%、康泰医学系統(コンテック・メディカル・システムズ)は17.4%それぞれ下落し
た。
    ルール改正により上場後5日間は値幅制限はなくなり、その後は20%となる。これまでは10%だっ
た。
    市場関係者からは今週は荒い値動きになりそうだが、中長期的には改革により投機的な動きが抑制され
、投資家はファンダメンタルズに注目する公算が大きいとの声が聞かれた。
    
    香港株式市場はほぼ変わらず。前場は下げていたが、IT(情報技術)株が買われて持ち直した。
    IT株は1.67%高。
    アリババ・グループ・ホールディングの香港上場株は4.16%上昇。 金融子会社アント・
グループが、香港証取と上海の中国版ナスダック「科創板」に上場申請したことが支援材料。アントの新規
株式公開(IPO)による調達額は最大300億ドルと、世界最大規模になる可能性がある。
    みずほ銀行(香港)のアジアFXチーフストラジストのケン・チュン氏は、米中関係が悪化する中で、
米国に上場する中国企業は上場廃止リスクが高まっており、年後半に香港重複上場を目指す動きが活発化す
るとの見方を示した。
    
    ソウル株式市場は小幅続伸。韓国国内の新型コロナウイルス新規感染者数の増加や、低調な米経済指標
は材料視されなかった。韓国政府はソーシャルディスタンシング(他者との距離)の規制を引き上げるかど
うか、またいつそれを実施するかは未定と述べた。
    政府は25日の新規感染者数が320人と報告した上で、首都ソウルと周辺地域のほとんどの学校を閉
鎖し、授業をオンラインへ戻すよう命じた。
    韓国銀行(中央銀行)は27日の金融通貨委員会で政策金利を据え置く公算が大きい。ただ、経済成長
見通しを現行のマイナス0.2%から大幅に引き下げると予想されている。
    海外勢は1896億ウォン(約1億5977万ドル)相当の買い越し。

    シドニー株式市場は3営業日ぶりに反落。オーストラリアで2番目に人口の多いビクトリア州で新型コ
ロナウイルスによる死者数が増加していることで、市場心理が下押しされた。ただ、追加経済対策や豪国内
でのワクチン開発への期待感もあり、下落幅は限られた。
    ビクトリア州では、新型コロナによる26日の1日当たりの死者数が過去2番目に多かった。同州は非
常事態宣言を1年延長する意向で、これも株価の下押し要因となった。  
    スモリング・ストックブローキングのマネジング・ディレクター、ブラッド・スモリング氏は「われわ
れは嵐の中心にいるようなものであり、豪経済にとってさらなる悪天候が到来する」と指摘。その上で「唯
一の救い手になるのは一部のコモディティー(商品)であり、これ以外の経済は非常に苦しい状況だ」と解
説した。  
    豪政府が発表した、軍事施設の更新や予備役増強のため国防支出を10億豪ドル(7億1920万ドル
)拡大する新たな景気刺激策も、S&P/ASX200指数の下げ幅を縮めるのに一役買った。  
    新型コロナ抗体治療薬の臨床試験(治験)が来年初頭に、ワクチンの大規模な治験が年内に、それぞれ
始まる可能性があるとの期待にも支えられ、株価は終盤にやや戻した。  
    金融株指数は株価全般の下げを主導。コモンウェルス銀行とウエストパック銀行<WBC.
AX>はそれぞれ1.1%、1.3%下落した。  
    一方、産金銘柄では、サラセン・ミネラル・ホールディングスが2.3%安、エボリューショ
ン・マイニングは1.4%安となった。産金株指数も6営業日続落した。  
    鉱業株指数の構成銘柄では、BHPグループとリオ・ティントが下落率上位
となった。


    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up