for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ユーロ圏金融・債券市場=利回り、7月以来の水準に上昇 米FRBの新戦略発表受け

 (内容を更新しました)
    [アムステルダム 27日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                
 米東部時間11時40                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.48     0.00      100.48         
 独連邦債2年物     112.00    -0.01      112.01          
 独連邦債5年物     134.59    -0.01      134.60          
 独連邦債10年物   175.44    -0.22      175.66          
 独連邦債30年物   216.32    -1.50      217.82          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.655   -0.013      -0.642            
 独連邦債5年物     -0.639   -0.010      -0.631            
 独連邦債10年物   -0.407   +0.004      -0.412             
 独連邦債30年物    0.061   +0.023       0.036             
  
    ユーロ圏金融・債券市場では、ドイツ10年債利回りが7月初め以
来の水準に上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が完全雇用の実現と
健全な水準へのインフレ率押し上げに向け積極的な新戦略を発表したこ
とを受けた。
    FRBは積極的な新戦略の下、インフレ率が「一時的に」2%を上
回ることを容認し、長期的に平均2%の目標達成を目指すほか、最大雇
用の確保を図ると表明した。 
    これを受け米国債利回りが低下し、ユーロ圏国債利回りもこれに連
動した。しかし、荒い値動きの中、両市場ともに利回りは反転。
    独10年債利回りは一時マイナス0.384%まで上
昇し、その後は1ベーシスポイント(bp)上昇のマイナス0.40%
。
    イタリア国債利回りも上昇に転じ、10年債利回りは
横ばいの1.09%となった。
    INGのシニア金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は「
FRBが示した戦略見直しが予想よりも詳細だったことなど以外は、特
に意外性はなかった」と指摘した。
    2年債と10年債の利回り格差は米債と独債DE2DE10
=RRともに拡大し、6月以来の大きさ。
    ただ、みずほの複数資産戦略部長、ピーター・チャットウェル氏は
「欧州の利回りカーブがインフレ動向でスティープ化する理由はない」
とし、実際の理由は域内の国債供給量だと分析した。
    欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストはこ
の日、インフレ目標達成のこれ以上の遅れは容認できず、必要に応じて
あらゆる手段を調整する準備があると述べた。
    今週はユーロ圏で国債新規発行が増加し、国債売りが出ていたが、
この日は供給による圧力は弱まった。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up