for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り上昇、FRBがインフレ容認の新戦略発表

 (表のレートを更新します。)
    [27日 ロイター] - 
                      米東部時間        価格     利回り  コード
 30年債(指標銘       17時05分    96*24.00    1.5102%             
 柄)                                                    
                    前営業日終値    99*08.00    1.4060%              
 10年債(指標銘柄      17時05分    98*24.50    0.7538%             
 )                                                      
                    前営業日終値    99*13.00    0.6870%              
 5年債(指標銘柄       17時05分    99*22.00    0.3130%            
 )                                                      
                    前営業日終値    99*25.63    0.2900%              
 2年債(指標銘柄       17時04分    99*29.75    0.1602%            
 )                                                      
                    前営業日終値    99*30.13    0.1540%              
 
                        清算値    前日終値  コード
 Tボンド先物9月     176*13.00   178*05.00        
 限                                         
 Tノート先物9月     138*31.00   139*10.00        
 限                                         
    
    米金融・債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)が完全雇用達成と物価を健全な
水準に戻すための新戦略を発表したことを受け、10年債利回りが6月中旬以来の高水準
を付け、長短利回り格差は拡大した。
    FRBはインフレ率が「一時的に」2%を上回ることを容認し、長期的に平均2%の
目標達成を目指すほか、最大雇用の確保を図る新戦略を発表した。パウエルFRB議長は
ワイオミング州ジャクソンホールで開催された経済シンポジウムの講演で、「広範かつ包
括的」な雇用に重点を置くとともに、物価よりも雇用を重視し、最大雇用の確保に努める
と表明。低インフレ期間を相殺するため2%を超えるインフレ期間を容認し、インフレ率
が長期的に平均2%となるよう目指す考えを示した。
    10年債利回りは5.5ベーシスポイント(bp)上昇の0.7423
%と、6月19日以来の高水準を付けた。30年債利回りは9bp上昇の1
.496%。
    2年債と10年債の利回り格差は58.30bpと前日終盤から約4
.7bp拡大し、6月10日以来の高水準となった。
    シーポート・グローバル・ホールディングスのマネジングディレクター、トム・ディ
ガロマ氏は、パウエル議長は「基本的に名ばかりのインフレ目標だと述べたため、売りが
出た」と指摘。TDセキュリティーズ(ニューヨーク)のグローバル金利戦略部門責任者
、プリヤ・ミスラ氏は、パウエル議長が短期的な金融緩和策について言及しなかったこと
で市場は肩透かしを食らったととし、「9月の緩和に向け概念上の枠組みを設定した格好
だが、市場はより明確な手掛かりを求めていた」と述べた。
    財務省はこの日、470億ドルの7年債入札を実施。最高落札利回りは0.519%
、応札倍率は2.47倍で、堅調な需要が見られた。今週実施された2年債と5年債の入
札も、入札規模が大きかったにもかかわらず順調にこなされた。
    この日発表の米経済指標では、8月22日までの1週間の新規失業保険申請件数(季
節調整済み)が100万6000件と、前週の110万4000件から減少した。ただ、
申請件数が100万件近辺にとどまっていることで、新型コロナウイルス感染拡大が収束
しない中、米労働市場の回復が足踏み状態にあることが示された。
    このほか、第2・四半期の実質国内総生産(GDP)改定値(季節調整済み)は年率
換算で前期比31.7%減と、統計の記録を開始した1947年以来73年ぶりの大幅な
落ち込みとなった。速報値は32.9%減だった。
        
    <ドル・スワップ・スプレッド>        
                                        Last (bps)         Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread         8.50               0.75
 U.S. 3-year dollar swap spread         7.50               1.00
 U.S. 5-year dollar swap spread         5.75               0.75
 U.S. 10-year dollar swap spread        -0.50              -0.25
 U.S. 30-year dollar swap spread        -37.25             -1.25
 
    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up