for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

安倍首相辞意こうみる:株式市場は海外勢のポジション動向を注視=大和証 木野内氏

[東京 28日 ロイター] -

<大和証券 チーフテクニカルアナリスト 木野内栄治氏>

株式市場にとって当面の注目点は、安倍晋三首相から後継首相にバトンタッチされることで、海外機関投資家がどう動くかだろう。日本の政治は、政権トップを選ぶプロセスが不透明で、1年おきに首相が交代するような安定しない政治が、かつては敬遠されていた。安倍首相の就任後の「1強政治」において、そうした意味での政治リスクはしばらく意識されていなかったが、今回の退陣表明によって政治リスクが台頭し、ポジションを外す投資家が出てくるかもしれない。まずは、8月末、9月末に行われる海外投資家のアセットアロケーションがどうなるかを見極めたいところだ。

後継首相に関しては、緩和政策が維持されるかがポイントになる。ここで緊縮財政に舵を切る可能性は低いとみられるものの、緩和策が後退するとの見方が広がれば、株価が大きく崩れることもあり得るだろう。今後の金融政策で緩和策が維持された場合は、日経平均の加重平均BPS(純資産倍率)で2万1000円を基にしたPBR1倍の水準は最低限キープ、あるいは2万2000円を下回った水準で推移する52週移動平均線がサポートラインとなり、6月以降のもみあいは継続すると想定される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up