for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

商社株が堅調、米バークシャーによる株式取得を引き続き材料視

 1日の株式市場で、三菱商事など商社5社が買われている。写真は東京証券取引所で2018年2月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - 1日の株式市場で、三菱商事8058.T、三井物産8031.T、住友商事8053.T、丸紅8002.T、伊藤忠商事8001.Tなど商社5社が買われている。

伊藤忠商事は連日の上場来高値更新。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイBRKa.Nが、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表したことが引き続き材料視されている。

双日2768.Tもしっかり。市場からは「商社株は景気敏感で割安で高配当。バークシャーの買いが、ほかの海外投資家の日本株買いの呼び水となる可能性も期待したい」(ストラテジスト)との声も出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up