for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反発、化学とテクノロジー株が高い

    [2日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   371.28   +6.05  +1.66    365.23          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1439.17  +23.53  +1.66   1415.64          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  3337.77  +60.19  +1.84   3277.58  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。STOXX欧州600種は5営業日ぶりにプ
ラスに転じた。世界の製造業活動が回復している兆しを受け、化学株や工業株が買われた
。テクノロジー株は約19年ぶりの高値を付けた。
    STOXX欧州600種化学株指数は2.23%上昇し、過去最高値を付け
た。今週はユーロ圏や米国、中国の製造業指標が好調で、世界の製造業活動が回復してい
ることを示した。
    テクノロジー株指数は1.98%上昇し、2001年以来の高値を付けた。
米国のテクノロジー株が買われたことで連れ高となった。テクノロジー部門は新型コロナ
ウイルスのパンデミック(世界的大流行)を通して底堅さを保ち、7月上旬までには年初
来プラスを回復していた。
    ただ依然として物価統計は軟調であるほか、パンデミックの先行き不透明感から経済
回復見通しは不安定で、STOXX欧州600種は6月以降狭いレンジで推移している。
    JFDグループの上級市場アナリスト、シャラランボス・ピスーラス氏は前日に発表
されたユーロ圏の物価下落に言及し、「弱い物価指標で、欧州中央銀行(ECB)が域内
の刺激策を拡大する確率を高めた可能性がある」と述べた。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up