for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、コロナワクチンで製薬上昇 ポンド安で輸出株に買い

    [7日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 FTSE100種          5937.40  +138.32  +2.39    5799.08          
    
    
    ロンドン株式市場は、反発して終了した。製薬大手のアストラゼネ
カとグラクソ・スミスクライン(GSK)がそれぞれ新
型コロナウイルスワクチンに関連するニュースで買われたことに加え、
英ポンド安が輸出株の上昇につながった。
    FTSE100種はこれまで3週連続で下落していたが、
この日は上昇。FTSE250種も反発した。ただ米市場が祝
日のため休場となっていることで、商いは薄かった。
    英国のジョンソン首相が、10月15日までに欧州連合(EU)が
英国との自由貿易協定で合意しなければ、これまでに署名した合意を事
実上無効にすると警告したことを受け、英ポンドが急落。
    ポンド安を受け、エネルギー大手BPや資源大手リオ・ティ
ントなどの資源輸出大手に買いが入った。
    住宅建設株も上昇。英住宅金融のハリファクスが発表
した8月の英住宅価格は前年比5.2%上昇し過去最高となった。上昇
率は2016年以来最大で、英住宅市場がコロナ規制緩和後の活況に沸
いていることを示した。 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up