for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反発、経済指標やコロナワクチン巡る進展で

    [7日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     367.97    +6.04  +1.67     361.93          
 FTSEユーロファース    1426.00   +23.09  +1.65    1402.91          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3314.07   +53.48  +1.64    3260.59  <.STOXX50E
                                                               >
        
    欧州株式市場は3営業日ぶりに反発。米国市場が休場となる中、経済指標や新型コロ
ナウイルスワクチンを巡る進展が材料となった。
    豪政府は7日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同
で開発中のコロナワクチンについて、2021年1月に初回分を受け取る見通しだと明ら
かにした。アストラゼネカは4%高。
    仏製薬大手サノフィは2.4%高。英製薬大手グラクソ・スミスクライン
(GSK)と共同開発するコロナスワクチンの価格が10ユーロ以下に
なるとの見通しを示した。
    フランスの自動車大手ルノーは3%近く上昇。新体制の発表に続き、ニコ
ラス・モール氏を事業再生担当の役員に任命したことを好感した。
    中国の貿易統計も材料となった。中国税関総署が発表した8月の貿易統計(ドル建て
)によると、輸出は前年比9.5%増と、3カ月連続で増加し、伸び率は2019年3月
以来の大きさとなった。
    スプレッデックスのアナリストのコナー・キャンベル氏は「米国市場が休場となる中
、中国の輸出の伸びが相場を後押しし、先週の弱気心理がやや持ち直した」と述べた。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up