for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、英EU離脱後交渉決裂の恐れ高まる

    [8日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   363.75   -4.22  -1.15    367.97          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1410.25  -15.75  -1.10   1426.00          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  3267.37  -46.70  -1.41   3314.07  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    欧州株式市場は反落して取引を終えた。英国と欧州連合(EU)の離脱後交渉が合意
なく終わるという不安が相場を押し下げた。エネルギーとテクノロジー株の値下がりが目
立った。
    STOXX欧州600種石油・ガス株指数は3.66%下落し、11週間近
くぶりの大幅なマイナスとなった。原油が、需要を巡る不安から8%超値下がりしたこと
が売り材料となった。
    連休明けの米国株式市場でテクノロジー株が先週に続き売られたことで、テクノロジ
ー株指数は2.06%の連れ安となった。
    英国と欧州連合(EU)は今週、通商交渉を再開。1兆ドル規模の貿易に関する取り
決めで意見の対立が続く中、英国は合意なしに離脱する準備を加速していると述べた。コ
メルツ銀行のアナリストは、交渉が決裂するシナリオを完全に除外できないと述べた。[n
L4N2G431A]
    フランス電力公社(EDF)は8.0%安。新型コロナウイルスのパンデミ
ック(世界的大流行)や原子炉の停止が影響し、原子力発電が8月に17.6%減ったと
の発表が嫌気された。
    ドイツの7月輸出は増えたものの、依然として新型コロナの危機前の水準を大幅に下
回った。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up