for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JDI、4―6月営業損失は70億円 固定費削減効果で赤字縮小

[東京 10日 ロイター] - ジャパンディスプレイ(JDI)は10日、2020年4─6月期の営業損失が70億0600万円になったと発表した。構造改革に伴う固定費や経費削減効果で、営業損失は前年同期の270億7300万円から縮小した。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う需要減で在庫が増加し、売り上げ原価低減の効果もあった。主力製品であるスマートフォンや車載向けディスプレーの需要が低迷し、売上高は前年比2.7%減の879億9900万円となった。

純損失は162億8600万円と、前年の789億1300万円から縮小した。

21年3月期通期で売上高は3780億1700万円―4284億1900万円の範囲となり、前年比15―25%減少する見通し。

通期の営業利益予想は示していない。リフィニティブがまとめたアナリストによる通期営業損益予想の平均は185億円の赤字。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up