for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-ホットストック:ソフトバンクGは買い気配、英アーム株の売却などを材料視

(本文3段落目の取引価値に関する記述で「400米ドル」を「400億米ドル」に訂正します)

[東京 14日 ロイター] - ソフトバンクグループは買い気配。14日朝、傘下の英半導体設計企業アーム・ホールディングスの全株式を半導体大手エヌビディア売却することで最終合意したと発表したことが材料視されている。

市場では「ソフトバンクグループの幹部らが株式非公開化を検討していると伝わっている。アーム株の売却は、非公開化に向けたキャッシュの確保の動きかもしれない。非公開化の際、買い付け価格にプレミアムが加算されるとの思惑も出ているようだ」(国内証券)との声が出ていた。ただ、「流動性のある大型株が非公開化されるとなれば、東京株式市場の魅力が低減し、全体的にはネガティブに受け止められる可能性もある」(同)という。

取引価値は最大で400億(訂正)米ドル(約4.2兆円)。うち、契約時にアームに対20億ドルが現金で支払われ、完了時にSBG側とソフトバンク・ビジョン・ファンドに対して100億ドルが現金で、215億ドルがエヌビディアの普通株式で支払われる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up