for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:携帯3社がそろって下落、事業環境の悪化懸念で売り止まらず

[東京 14日 ロイター] - NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがそろって下落している。NTTドコモは3月13日の年初来安値2700円に接近してきた。菅新政権誕生の可能性が極めて高いことから、菅氏が携帯料金の引き下げを進めるとみられることが改めて売りの手掛かりにされた。事業環境の悪化が避けられないとの見方が支配的で、それを懸念しての売りが止まらない。

午前9時15分現在、東証1部の個別銘柄売買代金ランキングで、ソフトバンクが第4位、KDDIが第5位、NTTドコモが第6位と、それぞれ安値で売り買いが交錯する格好となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up